【京丹後市】「だいまるしょうゆcafe」の牛すじが絶品だった

丹後ローカルブロガーのスギです。

今回は京丹後市弥栄町の「だいまるしょうゆcafe」をご紹介します。

なんでもこちらのお店、あのリフォーム番組「劇的!ビフォーアフター」で改装されたお店だそう。匠の技にも注目です。

外観

駐車場はこちらの紫色の看板を目印に。

駐車場が縦長でラインも引いていないため、とりあえず縦列気味に駐車。どう止めるのが正解だったんでしょう?

お店は駐車場から出て右に30mぐらい歩いたところ。築120年以上の建屋らしいです。カフェは2011年にオープンしたとのこと。

看板を見るとカレーやコロッケのランチが。これは美味しそう。

内装

中に入ると手前に醤油の販売スペース、奥にカフェスペースという作り。歴史ある建屋の特徴が生かされており、太い梁なんかはそのまま残っています。黒を基調としていて、全体としては落ち着いた雰囲気。

席はカウンター(6席)に座敷(1卓)、半個室のテーブル席があり、割とコンパクト。カウンターは弧を描いたような形で、常連さんとお店の人とが会話しやすそう。

ちなみにカウンターの奥の樽は食品庫・食器棚になってます。匠の技がうかがえますね。おしゃれだ。

照明も明るすぎることなく、落ち着いたお店の雰囲気に合ってました。

特徴的なのは半個室スペース。

 

なんということでしょう。あの巨大な醤油樽(どの?)が客席の壁として生まれ変わっているではありませんか。

 

…すいません、これ言いたかっただけです。

この半個室は3分の1くらい店からはみ出してて、陽の光がいい感じで入ってきてます。

メニュー

かわいらしいファイルに、メニューが一つ一つカード型になって紹介されています。写真も一枚一枚ついているので見やすいですね。

せっかく醤油屋さんがやっているカフェに来たんだから、ならではのメニューが食べたいと思い、「菜の花とベーコンのバジル&醤油パスタ」と「牛すじカレー」で悩む。


悩んだ結果、「牛すじカレーセット(サラダ・ドリンク付き、¥1,000)」に決定。

カレー好きなんです。

牛すじカレー

5分ほどして牛すじカレー到着。う、うまそう。

木のトレーが雰囲気に合ってます。

ではまず牛すじから。

とろっとろです。

濃口醤油と砂糖で煮込んであるらしく、深みのある味わい。これおいしい。

ルーはピリ辛で食が進みます。ボリューム的にもちょうどいい。

さてサラダの方なんですがこちらはちょっと変わってます。

変わってるのはドレッシングの方。なんと、もろみとマヨネーズを混ぜたものをつけていただきます。

もろみの甘酸っぱさとコク、マヨネーズのまろやかさが絶妙にマッチ。

今度行った時は他の醤油を使ったメニューも食べてみよう。

最後に食後のコーヒーをいただきました。

器にもこだわりが出てていい感じです。

まとめ

だいまるしょうゆcafeいかがだったでしょうか?

おしゃれな雰囲気の中に、醤油屋さんならではのこだわりが盛り込まれていて、素敵なcafeでした。

牛すじカレーは本当におすすめです。

だいまるしょうゆ cafe

  • 住所:〒627-0131 京都府京丹後市弥栄町和田野566
  • 営業時間:
    cafe 10:00~15:00
    醤油販売 10:00~19:00(冬季は18:00まで)
    ※夕方は配達に出てる場合あり
  • 定休日:月曜日(祝日の場合営業・振替で次の日の火曜日休み)
  • 電話番号:0772-65-2405
  • アクセス:京丹後大宮ICから車で約20分